今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

働き方入口編(様々な働き方がある中で、何をどのように選択するべきか!)

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20161006074803j:plain

それでは、今日は、今現状の働き方に対して、

思うことを綴らせて頂きます。

 

働き方、働き方と、この言葉を聞かない日ないぐらい、今の日本で定着してきています。

ではなんでかというと、

「皆、今に不満がある」から他ありません。

20年前に比べれば、週休2日制も定着してきましたし、育休などもだいぶ受け入れられてきたのではないでしょうか。

 当時は、男が朝から夜まで働き、仕事終わってからは会食やら同僚と飲みに行って上司の悪口など、1日中仕事と仕事に関わることをしっぱなしでした。しかも休みは週に一度です。そこもゴルフで接待やら、平日の疲れの為、自宅でノンビリと。

 

 それと比べると、今は週休2日の会社も多く、残業に対してもうるさく言われるので、早く帰宅しているのではないでしょうか。

それって良くなってきてるのでは?

確かにそうです。余暇の時間はまだ増えてるのかもしれません。

しかし、決定的に違うと感じるのが、実は私としては多くありすぎてコレ!というのは一言で言えません。

順をなして載せていこうと考えていますが、ザックリですがいうと、

「全員の業績が経済が右肩上がりか、そうではないか」

そうなると、そこが給料に繋がり。モチベーションに繋がり。そして現状の我慢に繋がります。これは好循環に入っていると考えます。

それと逆なのが今です。つまり、不のスパイラルに入っているということ。

 

しかし、全く逆と言うわけではありません。

自分自身でチャンスを見つけられる人、うまく社会の波に乗れる人など、個人の裁量によってすべてが良くなってくるので、そういった方には最高の今があります。

しかし、大半の方がそうではありません。かくいう私もそうですが。

個人として主体的に考えることが出来、自分で決め、自分で行動できる人。

まーこれも主体的とはいいますが、そういう能力のある人が、力を付けてきた人ほど、面白い世の中なのです。

 

私も含め、そうではない方というところで考えると、

先ほど「全員」というキーワードが出てきましたが、これが全てなのです。
全員一緒だという気持ちがあると、我慢もできるし、いいかなと、現状に満足をすることが出来ます。

皆一緒ならいいかなと。

この仕事はつらいけど、給料ずっと上がってるしまーいいかなと。

そう思っていました。私も気になり、周りの私よりも大人の方に質問させて頂きましたが、皆、そう言ってました。日本人ということを考えると、確かにそうだなと私も納得しました。

もちろんこの先人方の努力のおかげで、世界2位の経済大国になりました。

今は中国抜かれ、近い将来インドにも抜かされそうでが、それでも4位です。

このアジアの極東にある国がですよ。凄いことです。

つまり私たちは、先人の方たちの「スネをかじっているということです・・」

それではまた次回この続きをさせて頂きます。ではでは!