今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

金なし、コネなしが、海外に行くなら①(お金なくて、コネなくて、海外行けるの?)

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20161006080852j:plain

金なく、コネなく、あるのは若さだけ!!

という方にお勧めなのが、海外に出ることだと私は思います。

今現在地方にに住んでいて、上京するのもいいが、でもなんか他にないかな・・

ぜひ、海外というのをお勧めしますね。

私自身が20代前半の頃に、そうしたからというのがありますが、

本当に行って良かったと心から思っています。

ですので、今回はそのことについて触れたいと思いました。

海外に対しは、不安や怖さもあるかもしれません。

しかし、日本と一緒で、ここはあまりよろしくないなという場所に行かなければ先ず問題ないでしょう。

日本でもそうったところは都市部や地方でもあるでしょう。もちろん海外にもあります。あらかじめ情報収集するのもネットから出来ますので、その辺を参考にしてみてください。

私を含め多くの方が経験あると思うので、その方たちの意見や感想を判断して決めるのももちろんありでしょう。

まず国となります、

私は「オーストラリア」を選びました。

英語圏であることや、治安面など色々比べてオーストラリアを選びました。

オーストラリアは、観光面でも魅力的な場所が多いですし、食の面でも、欧米食も食べれら、アジアから近く移民も多いので、アジア料理も沢山食べられます。もちろん、日本食も美味しく食べることが出来ました。

お米に関しては、日本のお米と種類が違うのが一般的でしたが、それはそれで美味しかったです。特にチャーハンなどの、ごはんを炒めた系統は、あのお米の方がパラパラして食べやすかった記憶があります。

その他に考えたのは、

ニュージーランド
「カナダ」

でした。英語圏あり、比較的治安も良く、自然が豊富なので私の理想に近かったからです。実際体験談を聞きましたが、どこも良いという評判ばかりでした。

オーストラリアのもう一つの良い点は、時差がないことです。

1時間や2時間はありますが、カナダに比べると少なく、日本とのやりとりも比較的らくでした。だって、日本にメールしても電話しても、ほぼ日本にいるとの変わらない感じでやりとりができましたからね。

ただ私が行ったのが十年以上前なので、その辺のことを考えると、今行ける人が羨ましいです。

今は、LINEもFaceBookもあり、現地で出会った方々との継続した交流も楽にできるからです。

私も滞在中にそれこそ何百人という方々と触れ合ってきましたが、メール交換して何度かやり取りした程度でしたものね。中にはメールアドレスすらない人も多くいました。