今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

今回の電通事件に関して(100時間以上の残業の常態化)パワハラ、モラハラ、これじゃあ続かないよ!

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20161005075434j:plain

今回の電通での事件に関して、同じく100時間以上の残業を毎月していた私から、近い立場にいたということもあり何かお伝えできればと思います。

100時間以上の残業が問題視されてますが、私が得た情報から考えると、残業もそうですが、上司からのパワハラの方が強かった感じを受けました。

私も当たり前のように残業をしており、中間管理職として部下と仕事をしていて思ったことをいくつかあげます。

私も100時間上は残業をしていましたが、どういった環境下というのが考えられます。余裕のある時間を過ごせる仕事と、そうでない仕事。

昼食時間をや休憩時間を確保できたのか、出来なかったのか。

恐らく両方が難しかったと推測されます。

仕事が長くストレスなうえに、上司からのパワハラ

たまったものではありません。私だって同じ決断をしたかもしれません。

これがもし長時間労働だったとしても、上司が部下に寄り添い、フォローをして、最終的な責任もとってくれるような状況であれば、今回の事件はなかったと思います。

長時間労働も止めた方がいいですが、それよりも個人的な能力の低い人が上司になっているケースが多いように感じます。

少ない人員で回さないといけないのもわかります。そうなると必然的に能力の低い人が上司になることが多くあります。

会社の文化も、トップの考え方もあります。しかしこれからは、持続可能な世の中の実現に向けて、一人一人が皆の為に、皆が一人一人の為に、働き、生活していくことが何よりも必要だと思います。

会社での立場や役割、予算や目標などわかります。だけど本当にそれらを達成して、良くしていきたければ、独りよがりの考えでは出来ません。

皆で良くするのです。一人でやるのではなく、皆で目標に向けて助け合いながら取り組む。これが一番大切です。

お互いがお互いを補完し合い、働いていくのです。

1日8時間の仕事で結果を出すには、そう思ってそれに向けて取り組めば、一人ではなく皆で。達成できると思います。

 

被害者の方は大企業ということもあり、辞めにくい点もあったでしょう。周りからのプレッシャーもきつかったと思います。

本当に、こころよりご冥福をお祈り申し上げます。

あくまで私個人の意見ですので、お気持ちを悪くされる方がいらしたら申し訳ございません。お詫び申し上げます。

私としても、今回の事を受け、胸が張り裂けそうな気持ちでいっぱいです。

日本に住む大切な同じ仲間が亡くなったということで、これ以上増やしたくはないという気持ちで今回書かせて頂きました。

もう理不尽は結構です、いりません!

一人一人が輝ける社会の実現に向け、小さなことから始めていきましょう。