今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

ワーキングホリデーでニートを脱出(ワーホリは行くべきか、ニートは脱出できるのか)

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20161005075737j:plain

ワーキングホリデー

ご存知の方も多いと思いますが、私はワーキングホリデーのビザを使ってオーストラリアに10カ月ほど滞在しました。

ここでも経験はかけがえのないものになり、今でも私の力の源になっていると感じています。では、なぜ良かったのか。

私が思うに、

全ての事を、一人で決め、一人で実行しなければいけなかったこと。

これに尽きます。

日本に居れば、学生時代も社会人になっても、一度そこに入れば、ほぼエスカレーター状態です。

実家にいれば、ごはんも出てきますし、支払いも限定されています。

しかし海外で一人で住むとなると、エスカレーターから、階段に変わったような感じです。自分で決め一歩一歩踏み出さないと、ゴールまではたどりつけません。

精神的にも、肉体的にも自分で自分を追い込むことが必要になります。

それに、ごはんも出てこないし、支払いも切羽詰まった状況に追い込まれます。

まさに、一人です。孤独です。

だからと言って、全部が全部辛いわけではありませんし、最終的には辛いことよりも、楽しいことの方が上回ります。

子供時代のような、ワクワクを日本にいるよりも多く味わうことが出来、成長感をかんじました。

これは断言できます。生きてる心地がしました。

もちろん、閉じこもっりっきりで何もしなければ味わえないことでしょう。

しかし、食べ物を買いに行ったりして、100%閉じこもりっきりは無理です。

私も当時はほぼニート状態でしたが、ここでの経験がプラスになっています。
もし日本でニートをするなら、海外でやってみてください。
気づいたら、ニートではなくなっていると思います。
ワクワクする世界が外にあり、子供時代に忘れていた好奇心がふつふつと湧き上がってきます。

お金の面を気にするとは思いますが、私も当時はほとんどお金はない状態でいきました。なので、そこまで貯金をしていくこともないと思います。あった方が気持ち楽ですが、あまりあると楽をしてしまいうので、少なければ少ないほど良いと思います。

LCCなどの格安航空券もあるので、それを使っていきます。

最初はホームステイをお勧めします。ホームステイをやっているところを現地の日本代理店に頼んでみても良いでしょう。日本の代理店に頼むより、安く済むケースが多いでしょう。その辺は、財布などと慎重に協議して決めた方がよいでしょう。日本に居てコネクションがあるなら、そこを利用した方が手ではあるでしょう。

あまりに不安でしたら、ワーキングホリデーの代理店になどのお願いしても良いと思います。しかし、手数料として、10万円から20万円はとられるイメージです。

ぜひ、ワーキングホリデーでニートから脱出してみてください!