今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

シリコンバレーに行ってきた!2016年から2017年にかけ、シリコンバレーで起きてること!UXだ!

スポンサーリンク

先日、研修でアメリカはサンフランシスコとシリコンバレーに行ってきました。

今日は、シリコンバレーに行ってきて、何が起きてるのかを見てきました。

個人的にビックリしたのは、サンフランシスコとシリコンバレーが一緒ではないということです。知ってる方はすみません、無知をさらけ出してしまい申し訳ないです。

シリコンバレーとは、サンフランシスコの一つの街の名前方と思っていましたが、

全く違っていました。

距離的には、サンフランシスコからシリコンバレーまで、約一時間半ほどでしょうか。

高速を使っていきましたが、日中はそれぐらいでつきました。

しかし帰りは帰宅ラッシュに巻き込まれ、2時間半ほどかけてシリコンバレーからサンフランシスコまで帰りました。

サンフランシスコの渋滞はアメリカの中でも3番目にひどいらしく、ハワイ、ロスアンゼルスに続いてサンフランシスコのようです。

では、そんなシリコンバレー行って感じて、一番印象に残っているのは、何よりも

「UX」が大切だということです。

「UX」つまり、「ユーザーエクスペリエンス」です。

これもいまさらと思わるかもしれません。日本でもUI/UXと言えば、それが職になるほどIT業界では当たりまになってきています。

しかし、そのほかの業界はまだまだ「CS(顧客満足)」の方が一般的ではないでしょうか。

今回の研修では、IT業界だけではなく、他の業界の人ともお話をさせてもらう機会がありましたが、その誰もが使っていたのが、「UX」です。

その言葉意識してサンフランシスコに戻ってきて感じたのは、確かにという確信でした。たまたまその晩夜の予定を立てていたら、「UXナイト」たるイベントが。

それは、現地のUXデザイナーが自身の考えについて話すセミナーでした。

しかしそれ以外のイベントでも。UXUXUXと「UX」という文字が躍っていました。なるほどなと、

つまり今シリコンバレーをはじめ、サンフランシスコで一番熱い言葉が「UX」です。

さらに、「UX」について理解、発信や拡散が起こっているのです。