今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

最近のプレジデントを読んで感じたこと、思ったこと。この雑誌の面白さは何?購読すべき、しないべき?

スポンサーリンク

去年一年、雑誌プレジデントを定期購読しました。

年間で読んだ方が、割引率も高くお得ですし、必ず手元に届くFujisanマガジンサービスを利用しました。

雑誌のFujisan.co.jp|雑誌・定期購読専門オンライン書店

を利用して雑誌のプレジデント

雑誌『プレジデント』の公式サイト

を読みました。

一年間通して読んだ感想として、面白かったと思います。

それは、為にもなりましたし、仕事にも使えたと思います。

情報が主にビジネスに特化しており、仕事という視点で家庭や趣味などを文章にしているのが良かったと感じています。

年間を通して購読したという事で、時代や社会の流れを現状と過去、そして未来と比較してみることが出来るようにもなったと感じています。

残念な点は、やはり雑誌だということでしょう。

気軽に読むことが出来て、情報も簡単に取れる分、

記憶や目の前から知りえた情報が流れていくような感覚は拭い去れませんでした。

なので、もう一年と継続するのは今回は止めようと思います。

その代わり、別の雑誌を購読して、また比較していきたいと考えています。

止めるにあたっての理由は、金銭的な面と、時間的な側面です。

金銭として、一般人は数冊も定期購読するのをためらうと思う。

定期購読して、1冊か2冊ではなかろうか。

そこまで大きな金額でなくても、お金を払っているという感覚は消えることはなく、気持ちを圧迫している気がする。

次に、時間的なことを言えば、月に2冊来るプレジデントでも、目の前の本を読み終わる前に、次のが来てしまうと、正直なえてします。

かといってそこまでさばけるかというと、結構難しい気がする。

スポンサーリンク

 

ちなみに、ここ最近プレジデントから知りえた情報で為になったことをいくつか列挙させて頂く。

・自分について熟考する。

・朝の2時間が新発想を生み出す

・週一回部屋にこもる

・土日のどちらかは予定をいれない

・瞑想でリフレッシュ

これらで言えることは、「1人で考える時間をとる」

ということだ。

それを考えると、雑誌や本に追われ自分自身の時間をインプットに回すよりは、

自分で自分のことを考える時間を作りインプットやアウトプットなどを整理する必要があるということだ。

ぜひ、自分自身の時間を忙しいながらも作り、自分自身に向き合うことが大切だと感じる。

 

(あくまで私の私見なのでその辺はご容赦くださいませ)