今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

ポケベルが懐かしい!ポケベル打つ速さは、多分地元でTOP5に入る自信があった!

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20181012221004j:plain

ポケベルが懐かしい!ポケベル打つ速さは、多分地元でTOP5に入る自信があった!

ということで、本日はブログを書こうと思います。

 

ポケベル、懐かしくないですか?

ですよねー!

丁度私が高校生の頃流行った、当時は最先端のデバイスでした。

それが今では使っている方はかなり限られているそうですが、それでもまだ使っている方がいるそうです。

 

そんなポケベルですが、当時は緑の公衆電話の前列をなしてポケベルを打っていました。

「打つ?」というのは、今のスマホで番号をタップするように、公衆電話のボタンをパチパチパチと打っていたのです。

 

その打った番号が相手のポケベルにメッセージとして通知されるわけですね。

使ったこと無い今の若者からすると不思議でしょうが、そういった仕組みでした。

まあ、スマホが持ち運べていつでも連絡できるか、その公衆電話に行かないと出来ないか、その差くらいだなと個人的には思っていますが。

スポンサーリンク

 

ところで、公衆電話でボタンを打つということは、やはり皆さん打つ速さが違ってきます。

もちろん、うつ速さが早いほうが、お金もかからないし次の方を待たせなくて良いわけです。

なので、私はこのうつ速さにはこだわりました。

 

そうです、メチャクチャ練習したのです。

打ちまくって、練習しまくりました。

それこそ、何百回、何千回とやったことでしょう。

 

その成果が功を奏して、周りからは当時達人扱いされました。

早すぎると!

今ではプチ自慢でしかないですが、それはそれで良い思い出です。

 

こうやってこのことに関してブログが書けるのは嬉しいものです。

つまりその中で何が言いたいかと言うと、

練習すれば誰もが今以上に成長するということです。

たとえされが、ポケベルの早打ちでも!

ですね。

 

それでは、

ポケベルが懐かしい!ポケベル打つ速さは、多分地元でTOP5に入る自信があった!

でした。

 

いつも最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます!

 

 

お題「恋バナ」

スポンサーリンク