今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

ドラマ「白線流し」がもう一度見たいドラマNo1な理由!青春こそ、いつ楽しむの?今でしょ!

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20181018161221j:plain

 

ドラマ「白線流し」がもう一度見たいドラマNo1な理由!青春こそ、いつ楽しむの?今でしょ!

という表題で、本日のブログを書こうと思います。

 

それでは先ず、白線流しとは?

白線流し(はくせんながし)は、毎年、卒業式の日に卒業生たちが学帽の白線とセーラー服のスカーフを一本に結びつけ川に流す行事。例年3月1日に、岐阜県高山市にある岐阜県立斐太高等学校で、学校前を流れる大八賀川において行われており、昭和中期の一時期に中断があったものの復活し、70年以上行われている。

引用:Wikipedia

そもそも皆さん、白線流しをご存知だったでしょうか?

ドラマの前に先ずは「白線流し」のご紹介をさせて頂きました。

 

ドラマで放映された「白線流し

私がまだ青春時代真っ盛りのころ、この「白線流し」を舞台とした連続ドラマが放送されました。

こちらの「白線流し」は未だに根強いファンがいるらしく、しっかりとアマゾンでも販売しているそうなので、もしご興味あればご購入頂くか、もしくはTSUTAYAさんなどでレンタルなどしてもらえると気軽にご覧頂けるかなと思います。

 

www.amazon.co.jp

p>スポンサーリンク

 

白線流し」いつ見るの?いまでしょ!

ではなぜこのドラマが個人的にもう一度見たいドラマNo1なのか。

それはやはり、「青春」時代に見ていた、「青春」ドラマだったからではないだろうと思います。

それだけインパクトが有ったということになります。

つまり、青春時代にこそその青春に関するドラマというのは、思い出深いものとなりますね。

 

その時代にあったドラマがある!

だからこそ言いたいのは、青春時代というのはその時を楽しむべきだということです。でないと、間違いなく後々後悔することになると言えるかもしれません。

この「白線流し」というドラマに、青春の短い期間をいかに楽しむべきかが描かれていると思います。

なので、おとなになった今でも、たまに見たくなります。昔の自分の青春時代を擬似的に振り返えることが出来るからです。

 

まとめ

青春時代こそ、今を楽しむ!

 

お題「もう一度見たいドラマ」

スポンサーリンク