今日、明日も、毎日に、こころサプリ

こころに注入する、サプリのようなブログです。

コーヒーには多くの淹れ方がある!どの淹れ方が一番好きか試してみた!プレスにネルに、エアロまで!

スポンサーリンク

f:id:gooddaymate0719:20181111082931j:plain

コーヒーには多くの淹れ方がある!どの淹れ方が一番好きか試してみた!プレスにネルに、エアロまで!

という題名で、本日はブログを書こうと思います。

 

コーヒーには様々な淹れ方がある!

コーヒー、どの淹れ方が一番好きですか?

私はオードソックスに、ハンドドリップのペーパーフィルターで淹れる淹れた方好きですね。

 

さて、皆様はどうでしょう?

意外と知られていない、コーヒーの淹れ方について本日はブログを書いてみようと思います。

 

試した淹れ方を挙げてみた!

コーヒーのいれかたについて、簡単に挙げてみます。

・ハンドペーパードリップ

・ハンドネルドリップ

・フレンチプレス

・エアロプレス

・サイフォン

エスプレッソ

などなど、色々と実はあるのです。

 

上記で挙げた淹れ方を全て試してみました。

その中で、やはり私はハンドペーパードリップの淹れ方に落ち着きました。

 

それは何故かと言うと、色々な淹れ方の中でも、一番雑味が少なく、味もしっかりとしていてバランスが良かったと思います。

スポンサーリンク

 

安定のハンドペーパードリップ

もちろん他の淹れ方も嫌いではないですが、ハンドペーパードリップが一番でした。

人によって好き好きがまちまちなので、出来れば自身で様々な淹れ方に挑戦してもらいたいと思っています。

何事もやってみないことにはわかないので、ぜひ試してみて下さい!

 

サイフォンって家でも出来るの?

ところで、サイフォンコーヒーをご存知ですか?

フラスコ内の気圧の変化を利用して湯を移動する仕組みを持った、コーヒーを抽出するための器具である。まず、下側の容器を加熱して、水を沸騰させ蒸気圧による加圧により上側の容器へ湯を移動させ、コーヒー豆の粉からコーヒーを抽出する。次に、下側の容器への加熱を中断し冷却すると水蒸気から水への凝結により減圧が起き、大気圧により上側の容器から下側の容器に抽出されたコーヒーが押し戻される。この時、濾過布による濾過によりコーヒー豆の粉が分離される。19世紀ヨーロッパで発明されたものであり、日本には大正時代に「コーヒーサイフォン」として紹介され、その後、「サイフォン」という略称で呼ばれている。

引用・・Wikipedia

という淹れ方のコーヒーになります。

 

時々お店で見ることが出来るかもしれませんが、実はご家庭でも出来るよう販売している商品もあるのです。

なので、試しに買ってみるのもほんとありです。友人などを自宅に招くと、皆さんびっくりされます。

 

まとめ

オススメな淹れ方は、ハンドペーパードリップ

試して見るなら、サイフォンコーヒー!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

お題「コーヒー」